スキンタッグはウイルス性による尋常性疣贅?それとも非感染性

人間のからだにできるイボには数百種類あり、どこにできやすいなどの特徴も様々となります。

ウイルス性のものを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と良い、無害のを非感染性疣贅(ひかんせいせいゆうぜい)などとも呼ばれます。首や胸元、顔などにできやすい老人性イボに関しては無害の非感染性疣贅となります。

そのため、ウイルスが原因ではないので治療法としてレーザーや液体窒素で焼ききってしまう方法もあります。また、他人に移ったりなどの心配をする必用はないので、家族で同じお風呂に入ったとしても問題はありません。

からだの中でも不潔になりやすい部分である足などにできた場合に関してはウイルス性のイボである可能性が非常に高いです。他人に写ることもありますし、切り取ったりなどの強引な治療を行うと更に増殖して、数が増えることもあります。

スキンタッグと足イボは全く異なるのですね。市販んの薬に関しても全く違うものとなります。

尋常性疣贅に有効的な市販薬として有名なのが液体タイプのイボコロリです。しかし、これはスキンタッグに付けることはできません。皮膚細胞を死滅させてしまうので、治療中は白くなってしまいますし、問題が生じることがあります。

しっかりと注意事項にも書かれているので注意しましょう。

スキンタッグであれば有名なのはイボコロリの内服錠タイプです。ヨクイニンと呼ばれる肌にいい成分を配合されている薬となり、内服錠は専用の薬となります。

ヨクイニンが配合された化粧品でケアをする方法を利用する人も非常に多いです。病気というよりは角質が原因となっているので肌トラブルとなるのですね。

あなたがスキンタッグであれば再発を防ぎやすい

足などのウイルス性ではなく、首にできる老人性イボであるなら治療をするのはそこまで難しくはありません。先ほども言ったように専用の化粧水を使ってケアをする人は多いです。

どちらも再発しやすい病気となるのですが、ウイルス性のイボに関しては予防といった手段が無いに等しいです。そのため、繰り返しできてしまい、病院へ何年も通ってるという人は多いです。

しかし、老人性イボであるなら原因はスキンケアが正しく行えていないことです。

そのため、スキンタッグを落とす為だけでなく、専用の化粧品を使って毎日ケアを行えば予防としての効果も期待ができます。病院などでレーザーや液体窒素にて手術をした際に関しても化粧品が渡されるのが一般的です。

化粧品を利用していて早い人であれば2週間程度で効き目を実感しているなんて人もいるので、そこまで苦労するトラブルではないのですね。どれを使うかにもよって、大分評判も変わってきますが・・・。

個人的には最終的に化粧品によるケアが必要となるのであれば、皮膚科クリニックでの美容手術よりも、スキンケアで改善を行うのがおすすめです。通販限定で色々と販売がされていて、今までに20万人以上利用しているような評判の良いのもあります。

自宅で簡単に行えるのもメリットとしては大きいです。

SNSでもご購読できます。