胸のスキンタッグを自宅で治す方法!乳首イボに効果的なケア


乳首イボは角質が集まってできた老人性イボです。
胸のスキンタッグやアクロコルドンとなるのですね。

乳首プクっと丸いイボができてしまったなんて経験をしている人は多いです。

しかし、場所が場所だけに病院へ行くのは恥ずかしいって人も多く、どうすれば良いのか困ってるなんてことになりかねないです。皮膚科へ行って専門の医者に診察をして貰えれば良い訳ですけど男性の医者に胸を見せたり触らせたりするのは嫌ですよね。

そのため、自宅で治療を行う人は非常に多いです。

乳首イボの原因として多いのが老人性イボと呼ばれるスキンタッグやアクロコルドンです。名前から老人にできるものと勘違いをする人もいますが、20代や30代の人でも発症をします。

このスキンタッグは角質が剥がれずに残ってしまった為におきるイボとなります。

胸のスキンタッグの原因はターンオーバー

肌はターンオーバーと呼ばれる古い皮膚細胞である角質を剥がす働きが行われています。しかし、乾燥やストレス、肥満などにと正常に行われずに皮膚に角質が残ってしまうことがあります。本来剥がれるべき角質が集まってできてしまったのがイボとなってしまっているのですね。

そのため、基本的に痛みを伴うことはありません。つまんだりすれば痛みがあることもありますが、日常で生活する中で痛みに悩まされているなんてことはないはずです。

原因が角質であることからも分かるようにからだに悪影響を及ぼすような病気ではありません。そのため、治療を行わなくても問題はないのですが、見た目も良くないので取り除きたいって女性は多いです。

スキンタッグやアクロコルドンは特に首や胸元にできることが多いのですが、乳首も常にブラジャーの刺激が加えられたりしているにも関わらずケアをする人は少ないので、できてしまうのことがあります。何もケアをしなくても発症をしない人も多く、人によって乳首イボ出来やすいなどの特徴があります。

自宅でできる胸のスキンタッグの治療方法

薬局やドラッグストアへ行けば老人性イボ専用の薬である「イボコロリ 錠剤タイプ」と呼ばれるのが販売されています。

イボ取り名人とも呼ばれ古くから利用がされているヨクイニンが配合されている市販薬となります。ヨクイニンと呼ばれる成分には皮膚に潤いを与えたりイボを柔らかくする効果が期待できるのですね。そのため、ポロリと取りやすい状態にしてターンオーバーを促進させることで自然と治す効果が期待できます。

価格は1箱で2000円程度で大抵の薬局やドラッグストアにて販売がされています。

1箱は10日分の分量となるので、1ヶ月利用すれば6000円程度となるので少し高めの薬といえるのですが、他のヨクイニンが配合されている薬や漢方も同等の値段がします。決して安いものではないのですね。

病院での治療となると専用の糸をイボに巻きつけて切り取ってしまう為、痛みや傷跡が残ることがありますが、薬を利用すればそんな心配はありません。また、医者に胸を見せる必用がないので恥ずかしさもなく、自宅で治療をする人は多いです。

人気なのが化粧品を利用する方法

最近、人気となっている方法であればヨクイニンが配合された化粧品を使うことです。

薬がからだ全体の改善をするのとは違い、乳首イボがある場所に直接付けることで重点的に改善を行うことができます。そのため、効果を早く感じたなんて口コミも多く見つかります。

乳首イボのようなスキンタッグやアクロコルドン用の化粧品となるとヨクイニンも配合がされている為、価格も5000円から7000円程度するのが多いのです。しかし、最近人気となっているのに関しては2000円程度で販売がされている為、安くて効果のある化粧品として評判が非常に高いです。

口コミから広まり今では20万個以上が販売されている大人気の首や胸元、乳首にできる老人性イボ用の化粧品となるのですね。

SNSでもご購読できます。