スキンタッグは皮膚科での手術?病院か美容外科か?

スキンタッグを病院で治療する際に悩むのが何科へ行くのかです。

近くに総合病院があれば受付で聞くなど問題はないですが、近隣に皮膚科や美容外科があることもあります。
そういった際にスキンタッグの治療をするのであれば何科へ通院をすれば良いのかご紹介いたします。

基本的にスキンタッグの治療が行われているのは皮膚科と美容外科の2種類です。
しかし、どちらの病院へ行くかにもよって治療方法は異なってくることが多いです。

病院でのスキンタッグの治療について詳しく解説していくので、何科へ通院をすれば良いのか?
また、皮膚科や美容外科で行われる手術の違いについて解説していきます。

皮膚科で行われるスキンタッグの手術

一般的に皮膚科で行われているスキンタッグの手術方法としては3種類あります。

  • 薬を使って治療をしていく方法
  • ハサミを使って切る方法
  • 液体窒素を使って除去する方法

基本的にスキンタッグはからだに害のある悪性のイボではありませんので、医師によってはそのまま放置をして良いと答える人も多いです。ただ、見た目的には気になるので治療をするのであれば、上記の3つの手術となります。

皮膚科で行われるハサミや液体窒素を使った方法に関しても、どちらも大掛かりな手術ではありません。

液体窒素は綿棒などに付けてスキンタッグに塗ることで簡単に除去をすることができます。傷跡が残る可能性は少なからずありますが、つらい痛みを感じるようなこともありません。

診察日と手術日の2日程度で終わらせることができます。

美容外科で行われるスキンタッグの手術

美容外科で行われるスキンタッグの治療方法としてはレーザーを用いた方法があります。

レーザー脱毛などの経験がある方だとイメージが付きやすいかと思いますが、レーザーを照射することによって除去することができる方法となります。

皮膚科での治療だと健康保険が適用されることがほとんどですが、レーザーに関しては実費となると考えた方が良いです。
そのため、治療費も皮膚科に比べると高額になりやすく、完治するまでに数万円程度かかることがあります。

皮膚科での術後は薬や化粧品を使ってケアをし経過観察

皮膚科での手術後に関してはヨクイニンなどが配合された薬や化粧品を使ったケアが必要となります。
美容外科でも同様のことが言えます。

スキンタッグは再発をしやすいイボでもあります。

液体窒素や切ることでイボを取ることはできても、原因となってる肌の改善が行われている訳ではありません。そのため、薬や化粧品などでケアをしなければまた、再発をしてしまうことが可能性があります。

処方箋として渡される病院もありますが、処方されない場合には医師に相談をするようにしましょう。

最初から自宅で薬や化粧品を使ってケアをする人も多い

スキンタッグに悩まされている人は非常に多いです。
そのため、製薬会社などから様々な市販薬や化粧品が販売されています。

病院で治療をせず自宅でケアをしたりする人も多いです。

薬であればイボコロリの錠剤が有名で1ヶ月で3箱の6000円ほどです。
化粧品であれば安いので2500円から高いので6000円ほどと様々です。

安ければいまいちって訳ではなく、効き目があったと評判のでも2500円ほどだったりします。

病院へ行く時間がないって人や面倒って人であれば、自分でケアする方法を検討してみるのもひとつの手です。
一番駄目なのは放置をしてしまい、スキンタッグの数が増えてしまうことです。

スキンタッグの治療方法についてはいくつか種類がありますが、下記で全て詳しく解説しています。
皮膚科での治療以外も検討したい人はご覧ください。

首や脇のスキンタッグを自分で治療する方法!スキンタッグとさよなら

SNSでもご購読できます。