コラム

スキンタッグはウイルス性による尋常性疣贅?それとも非感染性

人間のからだにできるイボには数百種類あり、どこにできやすいなどの特徴も様々となります。

ウイルス性のものを尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)と良い、無害のを非感染性疣贅(ひかんせいせいゆうぜい)などとも呼ばれます。首や胸元、顔などにできやすい老人性イボに関しては無害の非感染性疣贅となります。

そのため、ウイルスが原因ではないので治療法としてレーザーや液体窒素で焼ききってしまう方法もあります。また、他人に移ったりなどの心配をする必用はないので、家族で同じお風呂に入ったとしても問題はありません。

からだの中でも不潔になりやすい部分である足などにできた場合に関してはウイルス性のイボである可能性が非常に高いです。他人に写ることもありますし、切り取ったりなどの強引な治療を行うと更に増殖して、数が増えることもあります。

スキンタッグと足イボは全く異なるのですね。市販んの薬に関しても全く違うものとなります。

尋常性疣贅に有効的な市販薬として有名なのが液体タイプのイボコロリです。しかし、これはスキンタッグに付けることはできません。皮膚細胞を死滅させてしまうので、治療中は白くなってしまいますし、問題が生じることがあります。

しっかりと注意事項にも書かれているので注意しましょう。

スキンタッグであれば有名なのはイボコロリの内服錠タイプです。ヨクイニンと呼ばれる肌にいい成分を配合されている薬となり、内服錠は専用の薬となります。

ヨクイニンが配合された化粧品でケアをする方法を利用する人も非常に多いです。病気というよりは角質が原因となっているので肌トラブルとなるのですね。

続きを読む

スキンタッグは20代や30代で若くてもできる?若い年齢のスキンタッグについて

20代や30代のような若い年齢にもかかわらず首や脇、顔にスキンタッグができてしまったなんてことはありませんか!?

スキンタッグは老人性イボなどとも呼ばれ40代ぐらいになると発症する人が急激に増える肌トラブルとなります。そのため若い年齢で首に出来てしまえば老けて見られやすくなります。

ただ、実際の所は首にできる原因としては年齢は全く関係がありません。加齢とともに発症するのではなく、発症がしやすいだけでしかないのですね。

20代や30代の人でも体質や肌の状況んじよっては男性、女性問わずポツポツとできてしまいます。若い年齢の人でできてしまうことが多い原因としては紫外線対策が全くできていないのと体質によることが大きいです。

スキンタッグができる原因は年齢関係なしに肌のスキンケアがしっかりとできていない為に角質が剥がれずに皮膚に残ってしまうことです。本来、肌の働きによって角質は垢と一緒に剥がれるようになっているのですが、上手くターンオーバーと呼ばれる働きがうまくいっていない為残ってしまったのですね。

加齢と共に皮膚内の保湿成分であるヒアルロン酸やセラミドと呼ばれるのが抜けてしまうので角質を剥がすターンオーバーが上手くいかないようになります。そのため、40代ぐらいの人にあらわれやすいのですが、年齢は関係ないのですね。

続きを読む