自宅での取り方

スキンタッグをハサミで切る!病院で切除するなら自分で除去するのは?

首や脇や胸のスキンタッグは病院での治療が行われています。

3種類ほど治療方法はありますが、今でも多いのがハサミで切除をしてしまう方法です。
医者の手によって医療用ハサミを用いてハサミで切りとってしまう手術の方法があるのですね。

スキンタッグの原因は角質が関係をしています。
それならば自宅で自分でハサミやピンセットや爪切りなどで切り取っても良いのではないかと考えるのは当然です。

特にイボの数がたくさんあるのとは違い、ぽつぽつと数個程度しかないのであれば、簡単に取れそうではありますからね。

ここではスキンタッグを自宅で取る方法としてハサミで切る方法について解説をしていきます。自分で切り取ってしまう前に必ずごらんになるようにお願いします。

続きを読む

胸のスキンタッグを自宅で治す方法!乳首イボに効果的なケア


乳首イボは角質が集まってできた老人性イボです。
胸のスキンタッグやアクロコルドンとなるのですね。

乳首プクっと丸いイボができてしまったなんて経験をしている人は多いです。

しかし、場所が場所だけに病院へ行くのは恥ずかしいって人も多く、どうすれば良いのか困ってるなんてことになりかねないです。皮膚科へ行って専門の医者に診察をして貰えれば良い訳ですけど男性の医者に胸を見せたり触らせたりするのは嫌ですよね。

そのため、自宅で治療を行う人は非常に多いです。

乳首イボの原因として多いのが老人性イボと呼ばれるスキンタッグやアクロコルドンです。名前から老人にできるものと勘違いをする人もいますが、20代や30代の人でも発症をします。

このスキンタッグは角質が剥がれずに残ってしまった為におきるイボとなります。

続きを読む