スキンタッグを病院で治療する方法のまとめ!皮膚科での費用など

 

20代や30代の若者から50代や60代の老若男女関わらず悩むのがスキンタッグです。

 

紫外線を浴びやすい顔や首などの部位にできやすく、太もも・脇・目元・胸・おしりなど様々な箇所にも発症をする病気です。

 

スキンタッグを治療をするのであれば、皮膚科や美容外科などの病院で手術を行うか自宅で市販薬を使うか、どちらかの方法で除去をすることになります。

 

ここでは特に病院でスキンタッグで治療をする方法についてまとめて解説をしていきます。どんな方法があるのかにはじめ、治療費用や痛み・傷跡・保険などの様々な問題についてご紹介。

 

皮膚科などの病院で治療をしようと考えている方はこのままご覧ください。
自宅での治療について知りたい方は下記へお進みください。
首や脇のスキンタッグを自分で治療する方法!スキンタッグとさよなら

 

スキンタッグの治療は何科?

 

スキンタッグの治療は皮膚科で行われています。

また、美容外科であればレーザーを使った手術が行われています。

 

皮膚科での治療に関しても何種類かありますが、基本的に保険の適用がされます。
ただ、美容外科のレーザーに関しては健康保険の適用外となることが多く、全て実費負担での治療となるため、費用は少し高額な治療となります。

 

レーザー治療にもそれなりのメリットやデメリットもある為、必ずしもどちらが良いと言うことはありません。

 

もっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。診療科目の違いによる治療方法を紹介しています。
スキンタッグは皮膚科での手術?病院か美容外科か?

 

美容皮膚科でのレーザー治療について

 

スキンタッグの治療として美容外科や美容皮膚科などで行われているのがレーザー治療です。

 

レーザーを照射することによって取ることができる方法ですが、即効性がある為すぐに取ることができます。
また、手術といっても大掛かりなものではなく、数分程度で終わらせることができる方法です。

 

最大のデメリットとしては保険の適用外である為、皮膚科での治療に比べ少し高額な点です。

 

スキンタッグやアクロコルドンといった顔イボや首イボの中でも比較的サイズが小さいものに行われる治療方法となります。

 

レーザー治療についてもっと詳しく知りたい方は下記をご覧ください。
治療の流れからメリットやデメリット、治療費用について解説をしています。

スキンタッグをレーザーで治療する!顔イボや首イボの炭酸ガスレーザー手術

スキンタッグをレーザーで治療する!顔イボや首イボの炭酸ガスレーザー手術

スキンタッグの治療として行われるのがレーザー手術です。
美容外科や美容整形外科と呼ばれる美容クリニックで行われる治療方法なのですが、CO2レーザーと呼ばれる炭酸ガスレーザーを用いて行われます。

スキンタッグは老人性イボや脂漏性角化症と呼ばれるイボですが、悪性のものではありません。
そのため、基本的にはそのまま放置をしたとしてもからだに害を及ぼすような病気ではないです。

ただ、老けて見えたり気持ち悪く見えたりといったデメリットがあるのも事実です。
そのため、レーザー治療をして除去したいって人も沢山います。

ここではスキンタッグのレーザー治療について詳しく解説をしていきます。メリットやデメリットをはじめ、治療費用や保険についても紹介していきます。

首イボや顔イボを除去したいって人はご覧ください。

続きを読む

スキンタッグは皮膚科での手術?病院か美容外科か?

スキンタッグを病院で治療する際に悩むのが何科へ行くのかです。

近くに総合病院があれば受付で聞くなど問題はないですが、近隣に皮膚科や美容外科があることもあります。
そういった際にスキンタッグの治療をするのであれば何科へ通院をすれば良いのかご紹介いたします。

基本的にスキンタッグの治療が行われているのは皮膚科と美容外科の2種類です。
しかし、どちらの病院へ行くかにもよって治療方法は異なってくることが多いです。

病院でのスキンタッグの治療について詳しく解説していくので、何科へ通院をすれば良いのか?
また、皮膚科や美容外科で行われる手術の違いについて解説していきます。

続きを読む